2017/04/06

関東騎手 地殻変動発生! part1

今回は馬券のヒントになる長文です
今週末から使える情報ですので
暇があればすぐに読んでください

最近 内田博Jが復活してきています
あなたは何故内田Jが復活してきていると思いますか?

これを知らない人は完全に競馬界の流れに乗り遅れています
元々この復活の発端は兼業エージェント廃止という
JRAの意向が生んだものです

競馬界において【復活劇】がある時には
偶然の復活劇というものは存在しません

豊Jが復活したのもメイショウさんなどの個人馬主さんが
社台グループの代わりに積極的に依頼して
その期待に答える活躍が出来たからです

確かに内田J自体も調子が上がって来ているのは事実です
しかしそれだけで関東リーディング田辺Jや昨年のリーディング戸崎Jと
同等の活躍をするのはあまり有り得ない事です

具体的にこの【兼業エージェント廃止】という話を掘り下げていきます
元々は「騎手の騎乗馬を捌いているエージェントが
競馬紙の記者として競馬新聞で予想しているのはおかしい」というような苦情が
JRA側に入ったのがキッカケだと言われているこの話

JRAとしては公正な開催の為にはこの話をスルー出来なかった訳です
そこで今年の3月に【兼業エージェント廃止】の意向が公になったのです
しかし今エージェントをやっている方々の収入に直接関わるような
こんな難しい問題が突然発表される訳はありません
JRA側も様々な調整の後に新聞側への公表に踏み切ったものと思われます

その結果何が起きたか
関東のベテラン 横山典J/蛯名Jがエージェントを外しました
これはJRA側の意向に沿った物と言われていますが
これによって騎乗数が大幅に減少したというのは
いろいろな競馬ブログや掲示板で叫ばれています
何故横山典Jと蛯名Jの騎乗数が減るのか?
これを理解していますか?


次の記事で詳しく説明して
内田J復活の裏側に迫りたいと思います
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント