2016/09/15

競馬=麻雀!? (連載part5)

今回は少しだけ麻雀に踏み込んだ記事です


前回の質問
「1日に何回当てたいですか?」

これに「全R(JRAであれば全36レース)当てたい」と答えた方
あなたは競馬で儲けられません
どうしても全部当てたいというのなら
1Rの予想に数時間~数十時間かけるべきです
そうでもしなければ儲かりません

現実的にはそんな時間は掛けられる人の方が少ないと思います

次に「購入したレースは全レース当てたい」と答えた方
これは儲かる可能性があります
但し「自分に有利なレース選択が出来る事」が必須です


筆者は競馬の他に麻雀番組を見たりします
そんな中で気付いた事があります
「競馬と麻雀は似ている」という事です

何を言っているのか?
競馬も麻雀も「押し引きが大事」だと言うことです

麻雀番組に出てくる麻雀プロは大きく分けて2パターンに分けられます
「大きい一撃を狙うプロ」と「点数関係なく上がるスピード重視のプロ」
この2つに分けられます
どちらが良い悪いは無く 強いプロは強いのですが
一番強いのは「2つを上手く組み合わせたプロ」だったりします
更にどちらかに偏っているがどちらも出来るのがベストです
状況に応じて一撃を狙えたりスピード重視をしたり出来るのが完璧です

代表例は小林剛プロ
基本的にはスピード重視のプロなのですが
状況に応じて役満を上がれるくらいの打撃力を備えています
全ては手持ちや引いてくる牌に委ねているように見えるプロです


これは競馬でも同じように2パターンに分けられます
「大きい万馬券を一発狙う」タイプと「多くの的中を狙う」タイプ
筆者はどちらも儲ける事が出来ると考えています

但しどちらも狙える人が一番強いです
どちらも狙う為には狙うレースが「堅く収まるレース」なのか
「荒れるレース」なのかを見極められるようにならなければなりません


という事は競馬で一番儲けられる人は
「レースの荒れ具合をしっかり見極められる人」
である事は明らかであると思います

最終的な結論に困った時は自分が信じるもの
「的中派」「一発派」を信じるべきですが
どちらも狙えるのが儲けられる思考の一つです

(的中派 一発派どちらか自分が分からない場合はまず決めるべきです
どちらにも属していない人は一番儲けられないです)


次回は
的中派⚫一発派の振る舞いについて
更に儲けられる為の知識について
紹介します
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント