--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/02/20

隠れ強馬を探せ! (連載part2)

今日は前回のヒント3つについて
具体例を出して説明します

ヒントその1
「分かりやすく強い馬」は買われ過ぎる事が多いです
「分かりにくく強い馬」は買われていない事が多いです


分かりやすく強い馬の代表例はなんといってもディープインパクト

この馬は2つの意味で分かりやすく強い馬と言えます
①上がり3Fが常に1位
②常に1着2着を取り続けている事

①はレースを勝利する見た目が派手であることで
初心者が見ても強い馬だと分かりやすい事

②は大崩れをしない為に
初心者にも買いやすい馬になる事

これで何を言いたいのか
要は「初心者でも買えてしまう馬」が「分かりやすく強い馬」です

この逆をいくのがキタサンブラック

この馬はそこまで大崩れはしないのですが
基本的に逃げ先行をする馬で強い馬であるのに派手な勝ち方をしない為

常に1番人気にならないのです


その2
「オールラウンダー」は買われ過ぎる事が多いです
「スペシャリスト」は買われていない事が多いです


この考え方は主に種牡馬で考えて買っている方におすすめの考え方です

オールラウンダーな種牡馬は
芝でもダートでも距離や競馬場すら関係なく走るため
種牡馬で考えない人でも買えてしまう馬になります

一方スペシャリストな種牡馬はある一定条件の時のみに好走するので
馬柱が不安定な順位が並びやすく
種牡馬で考えている人しか買えない馬になったりするのです

ちなみにディープインパクト産駒はオールラウンダーのように見えますが
ダートがあまり好走率がよくないので実は芝のスペシャリストのような気がします


その3
スペシャリストの中でも
「分かりやすいスペシャリスト」は買われ過ぎる事が多いです
「分かりにくいスペシャリスト」は買われていない事が多いです


上記のディープインパクト産駒などは出走頭数も多く
ディープインパクト自体に人気があり
リーディング上位の種牡馬であるため気にする人も多く
種牡馬買いをする人ならまず調べる種牡馬だと思います

そういった有名所の種牡馬は
「分かりやすいスペシャリスト」と言えます

反対に海外産馬の産駒やあまり頭数の多くない産駒は
元々人気がそこまでない馬やそもそもその馬の現役を知らない馬までいるため
調べようともしない人が多く出るような種牡馬になります

そういった隠れた種牡馬は
「分かりにくいスペシャリスト」になったりします

要は調べやすい事や人気のあること
更に有名なものというのはもういろいろな人が調べていて
美味しいオッズに出会う事はあまりないのです

事実 騎手調教師で推奨を出しているこのブログでは
上位騎手騎乗馬が特選馬に推奨される事はほとんどありません
上位騎手は調べ尽くされていて適正なオッズがついているか
過剰人気をしている事が多いのです

そのかわり特選馬に推奨する馬は
隠れ実力者の騎手騎乗馬が非常に多くなります

他の馬券購入者に馬鹿にされるような馬券で
当てる事が今の競馬には必要な事だということです

次回(8/8までに更新)はオッズとの関わり方についてです
ここでのヒントは1つ

オッズが2倍の馬と20倍の馬と200倍の馬

皆さんはどの馬の単勝馬券を買いますか?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。