2016/09/30

予想情報ほど損をする情報はない(競馬は8割初歩で損をする 初級1)

今日から新たな有料メルマガを始めます(初回の今回は無料公開)
その名も「競馬は8割初歩で損をする」です
このメルマガは新しい競馬の教科書として書き上げるつもりです

競馬では普通に考えると「損しかあり得ない事」
当たり前のように使われています
このブログを見てくださるようなディープな競馬ファンの中でも
意外と使っている事があります
そんな事を捨てて新しい競馬の向き合い方を提案するのが今回のメルマガです

このメルマガでは初級/中級/上級に分けて新しい競馬を提案していきます

初級では「あなたは損をしている! 絶対に使ってはいけない事」
中級では「新しい競馬のやり方 競馬は自分で考える!」
上級では「儲かる競馬のやり方 競馬は前日で9割決まる」
というテーマで書きます

初回は初級の1
「予想情報ほど損をする情報はない」です
無料メルマガで予想情報を提供している恵史888がこれを書くのは
非常に違和感があるかと思います

それでもこれを書かなければいけないほど
「人の予想」に頼っている人が多いのです

最初にこの質問をすれば「人の予想」を安易に使う怖さが分かるはずです
「あなたは自分だけが大きく得する情報を
無料または安価な値段(数万円まで)で名前も知らない他人に話しますか?」

これが全てです
普通はしませんよね?

ですが予想情報を使う人はそれを考えないのです
数万円の予想情報で数十万稼げるなんて事はほぼ無いのです

巷に溢れている情報のほとんどは「そんなに得しない情報」か
むしろ「損する情報」です
そんな情報(競馬新聞や競馬サイトの予想など)を皆さんは買っていたりするわけです

恵史888はそこにお金はかけるべきでないと考えます
むしろお金をかけるのであれば
「人がどんな方法で予想をしているか」
という部分にかけるべきです

但し 予想を参考にしてよい場合があります
それは「予想の先にお金が見える予想」です
具体的に言うと恵史888のメインブログのような予想です(笑)

先にお金が見えない予想として代表的なのは「競馬新聞」です
競馬新聞は極端に言えばその新聞が売れれば
予想が的中しなくても良いのです
出来ればリピーターになってねくらいなのです

対して先にお金が見える予想とはどういう事かというと
「広告が多く掲載されているサイト」
「関連商品を紹介しているサイト」
「データや情報を販売しているサイト」
という事です

何故かというと これは予想を提供する側の話で
予想が的中する事で信頼を勝ち取りサイトの閲覧者を増やし
その中でデータ等の販売や広告等の収入を増やす方法があります

という事は「競馬の中で競馬予想以外で稼ぐ事を目指すサイト」だという事です

こういう予想は予想を見る皆さんの信頼を得て周りに話してもらい
閲覧数を増やさなければいけませんので
必然的に「当たる予想」を提供せざるを得なくなります


こんな事を書くのは恵史888にとって損しか無いのですが
有料メルマガの初回という事で特別に書いてみました

次回以降(初級はまとめて500円の予定)も時にはガッツリ切り込んでいきつつ
メルマガを書いていきますのでよろしくお願いいたします
スポンサーサイト
2016/09/24

JRA馬体重データ (無料公開データ)

この記事では筆者が具体的に分析したものを提供します
「恵史888のデータを購入するとこういうデータが手に入る」という参考にしてください

http://blog.livedoor.jp/keishi888/%E9%A6%AC%E4%BD%93%E9%87%8D%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF.pdf

(このアドレスをアドレスバーに入力してください)

なお筆者はJRAとともに地方競馬のデータ分析も行えます
是非気軽に意見をお願いします
2016/09/24

【遂に始動】あなただけのデータで競馬に勝つ!!(こんなデータが欲しい!を募集中)

面倒な競馬のデータ分析をあなたに代わって行います

今の競馬はデータ分析無しでは勝てません
競馬新聞で勝てるほど甘くないのです
それほどファンの成熟が進んで馬券購入が上手くなったという事です
しかしデータ分析というのはかなり面倒な作業で
「分析ってどうやるの?」という方もいらっしゃると思います

そこで競馬コンサルタントの恵史888があなたに代わって
データ分析をします

種牡馬/騎手/調教師など次々にあるデータ
多ければ多いほど儲かる訳ではありません
ある組み合わせでは全く儲からない事もありますが
組み合わせ次第では劇的に儲かるものがあります

これを数十種類適切に組み合わせたのが
30億払い戻しを受けて裁判になった方です

データは面倒な作業が多いのですが
データは儲かるのです

ですので面倒な作業を恵史888に任せる事で
楽に儲かるようになるのです

この話を聞いて「本当に?」と感じていらっしゃる方がいると思います
しかしこれを証明しているものがあります
それがメインブログ「単勝2点勝負~当たらなきゃ意味がない~」です
このブログの予想は馬のデータと騎手/調教師のデータの2つのみで
予想しています

それで高的中率を叩き出しているのです
勿論プラスです


ただ分析を無料でやってしまうと
そのデータを多くの方が使えるようになってしまい
1人当たりの儲けが少なくなってしまいます

そこで有料化することでデータを買っていただく皆さんの利益を保護します
有料化するからこそ儲かりやすくするのです
ただそこまで高い価格設定はしません
競馬新聞の代わりにこのデータを使って頂きたいのです

儲かるデータというのは使える人が少数であればあるほど
より1人1人ががっつり儲かるようになります


筆者は分析したデータをブログ等で使う事はありません
勝手に無料公開しないことをお約束します


今回は実際に中央競馬の馬体重を分析したデータを無料公開致します
実際の分析を明日からの競馬に活かしてみてください
(データは次の記事に置いておきます)


また「こんなデータが欲しい」を募集します
ただしメインブログのデータ(騎手/調教師データ)だけは核となるデータですので
他のデータより高めの価格で最新版データを10月上旬に販売が決定しております

あなただけが欲しいデータはあなただけの儲けになります
是非意見をよろしくお願いします

なお案を出したからといって買っていただく義務はありません
気軽に案を出してください
2016/09/15

「普通」は負ける 「異端」になろう~競馬を「人」で考えるススメ~

競馬に賭ける人というのは
9割程の人が負けているのはご存じの通り

では競馬で勝つ為にはどうすれば良いのか
それは「異端」になることです

普通の事をしていては普通に負けるように出来ているのです

少し前にメルマガの返信でこんなメールが届きました
「競馬というのは馬が走っているのです」

確かにそうなんですが この考えはある程度捨てるべきだと思います
原因はただひとつ この考えが「普通」だからです

普通のファンの方は競馬新聞を見て過去の成績や調教 パドックなどを参考にして
「馬の実力」を考えて予想していると思います
これが「普通」の予想方法です

では異端になるためにはどうしたらよいのか
その第一歩として筆者は

「競馬は人が走らせている」

と考えるべきだと思っています

競馬に参加する馬を生産しているのも「人」
購入しているのも「人」
調教しているのも騎乗しているのも「人」
もっというと競馬に賭けているのも「人」なのです

人が絡んでいる以上 何かしらの意図がどの場面においても働くのです

例えば「この馬はちょっと力が足りないから回ってくるだけで終わろう」
と考える騎手がいたとしたら その馬はほぼ100%馬券圏内には入ってきません

しかし「ちょっと力が足りないけど 何とかして一発狙ってやろう」
と考える騎手が乗った馬は 馬券圏内に入ってくる可能性は少しあります

同じ能力の馬でも騎手の思考の違いで結果がかなり違う事もあり得る訳です
そしてこの考えこそがこのブログの出発点だったりします

現在の競馬はいろいろな予想が発展してきた中で
競馬のオッズというものは
同じ能力の馬はだいたい同じような評価をするようになってきています
つまり「馬の実力」に関してはほとんどオッズで評価されているのです

その中で考え方ひとつで来る実力のある馬(主に低オッズの馬)が
来なくなってしまうのです
それは馬柱や調教欄では分からない話で ファンとは「異端」の考えになるのです

これは正直難しい話ではありません
例えば「ローテーション」も人(馬主さんや厩舎側)が考える中のひとつですが
中○週の馬がよく走るというのもありますし
馬によって中○週の時は走るというのもあります
休み明けは走る馬もいます

そういうのが少し前に書いた「条件」になるのです
条件に合った馬を買い続けると自然に勝てるようになりますので
皆さんいろいろ見つけてみてください
2016/09/15

競馬=麻雀!? (連載part5)

今回は少しだけ麻雀に踏み込んだ記事です


前回の質問
「1日に何回当てたいですか?」

これに「全R(JRAであれば全36レース)当てたい」と答えた方
あなたは競馬で儲けられません
どうしても全部当てたいというのなら
1Rの予想に数時間~数十時間かけるべきです
そうでもしなければ儲かりません

現実的にはそんな時間は掛けられる人の方が少ないと思います

次に「購入したレースは全レース当てたい」と答えた方
これは儲かる可能性があります
但し「自分に有利なレース選択が出来る事」が必須です


筆者は競馬の他に麻雀番組を見たりします
そんな中で気付いた事があります
「競馬と麻雀は似ている」という事です

何を言っているのか?
競馬も麻雀も「押し引きが大事」だと言うことです

麻雀番組に出てくる麻雀プロは大きく分けて2パターンに分けられます
「大きい一撃を狙うプロ」と「点数関係なく上がるスピード重視のプロ」
この2つに分けられます
どちらが良い悪いは無く 強いプロは強いのですが
一番強いのは「2つを上手く組み合わせたプロ」だったりします
更にどちらかに偏っているがどちらも出来るのがベストです
状況に応じて一撃を狙えたりスピード重視をしたり出来るのが完璧です

代表例は小林剛プロ
基本的にはスピード重視のプロなのですが
状況に応じて役満を上がれるくらいの打撃力を備えています
全ては手持ちや引いてくる牌に委ねているように見えるプロです


これは競馬でも同じように2パターンに分けられます
「大きい万馬券を一発狙う」タイプと「多くの的中を狙う」タイプ
筆者はどちらも儲ける事が出来ると考えています

但しどちらも狙える人が一番強いです
どちらも狙う為には狙うレースが「堅く収まるレース」なのか
「荒れるレース」なのかを見極められるようにならなければなりません


という事は競馬で一番儲けられる人は
「レースの荒れ具合をしっかり見極められる人」
である事は明らかであると思います

最終的な結論に困った時は自分が信じるもの
「的中派」「一発派」を信じるべきですが
どちらも狙えるのが儲けられる思考の一つです

(的中派 一発派どちらか自分が分からない場合はまず決めるべきです
どちらにも属していない人は一番儲けられないです)


次回は
的中派⚫一発派の振る舞いについて
更に儲けられる為の知識について
紹介します
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。