2016/08/25

門別 推奨コンビが大躍進の秘密

メインブログとこのブログを長くご覧になって頂いている方は
覚えていますでしょうか?

メインブログに
かなり前(今年の門別開催が始まった4月頃)
門別である騎手調教師コンビに注目してくださいと書いた事を

それは「石川倭騎手」と「米川昇厩舎」のコンビです

実は今年このコンビが大躍進しています
石川騎手は前年リーディング4位から
今年は現在トップを走っています

更に米川昇厩舎は既に昨年の勝ち数を4つ上回る29勝で
リーディング5位と急上昇しています

何故このような事が起きたのか?
原因は昨年調教師リーディング2位であった
原調教師のご勇退と関連しています

このご勇退で厩舎を移った馬達によって
最も恩恵を受けたのが米川昇厩舎なのです

そして米川昇厩舎所属である石川騎手が騎手の中で
一番恩恵を受けている騎手なのです

これは以前も同じ事を書きましたが
石川騎手の躍進は筆者の想像を超えました

21歳と若い騎手であるため
今後更に躍進する可能性が高い騎手です

是非覚えておいてください
スポンサーサイト
2016/08/22

JRAと地方競馬の決定的な違い

JRAと地方競馬は決定的に違います

JRAの方が騎手に優しい構造になっているのです
というのも
JRAは常に2場か3場開催ですから
トップジョッキーから逃げることが出来るのです

地方競馬は常に各地方で1場開催なので
トップジョッキーと一緒に乗るしかないのです

これを意識するかしないかはかなり大きい違いがあります
何故かというと地方競馬はトップジョッキーさえ注目していれば
ある程度の的中を掴めるのです

しかしJRAは騎手が分散するので
様々な騎手を注目していないと的中は掴めません
これはかなり大きな違いです

地方競馬は的中が簡単と言われている理由はここにあります
基本的に馬主さんや調教師さんは所有馬を勝たせる為に
より勝てるトップジョッキーに依頼します
地方競馬の場合はいつも決まった競馬場にいますので
トップジョッキーに継続依頼がしやすい訳です
トップジョッキーが乗り慣れた馬に騎乗するときほど
馬券的に信頼出来る状況は無いわけです

逆にJRAはトップジョッキーが常に移動している為
継続騎乗が少し難しくなります
更に継続騎乗であっても競馬場が変わると
信頼度は一段落ちます

そういう事もあってJRAは配当も高く
的中も難しいのです

同じ競馬場で同じトップジョッキーが同じ条件で継続騎乗し続けているのが
馬券的には1番信頼出来ます
こういうときは1番人気でも逆らってはいけません
相当な確率で痛い目にあいます


2016/08/21

堀厩舎 強し!(北九州記念 本命バクシンテイオー 1着!!)

本日の両重賞を制覇です!

札幌記念に至ってはワンツーフィニッシュ
素晴らしい厩舎です

やはりローカル開催の成績がイマイチなどと言ってはいけない状況でした

筆者としても推奨馬(メインブログにて公開)が
北九州記念バクシンテイオー 1着
札幌記念モーリス2着

とかなり良い結果になりました

北九州記念に至っては
推奨馬券も的中と良い感じです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。